コミュニケーションの大切さ

訪問介護は、利用者の自宅を訪問して生活援助を行う業務です。訪問型介護サービスの中で、代表的な仕事の一つです。
生活援助の仕事内容としては、日常の家事の代行があります。家の中の掃除を、利用者に代わって行う業務です。また、洗濯や衣類の整理整頓も作業に入ります。清潔な環境で睡眠が取れるよう、ベッド周りの掃除や整頓といった家事も大切です。

また、忘れてはいけないのが食事調理の仕事でしょう。介護が必要な人の中には、体が不自由なために自宅での調理ができないという人もいます。いつも外食やスーパーなどで買って来た弁当というのでは、栄養が偏ってしまいます。そこで、訪問介護を行う人は、利用者のための食事作りも担うのです。

これらの訪問介護における生活援助の仕事を行うためには、介護サービスを受ける利用者とのコミュニケーションが欠かせません。介護を必要とする人にとって、家の中はプライベート空間です。その中に他人を迎え入れるというのは、やはりどこかに抵抗感があるでしょう。
そこで、利用者の抵抗感を無くし、スムーズに介護の仕事をこなすためにも、コミュニケーションを密に取りながら仕事をするのが大切です。まずは挨拶を心掛けるのが良いでしょう。挨拶によって、コミュニケーションを取るきっかけを作ることができます。
さらに、家事の仕事をこなしつつ日常の会話を大切にすることで、うまく介護の仕事がこなせます。介護の仕事では、人を相手にしていることを忘れず、コミュニケーションを重要視することが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です