施設と訪問介護の違いとは

介護を受ける人には様々な事情を持つ人が居ます。在宅での日常生活は送れるものの、多少難があるので、一部の作業をサポートして生活を支援するのが訪問介護の役割です。
訪問介護の利用者は基本しっかりしていますが、油断は禁物です。人によって介護内容は違いますし、訪問介護と介護施設ではそれぞれのレベルが違います。介護施設にいる人は、在宅での生活が困難で、家族が面倒をみられないなどの事情が重なった場合、施設入居を希望して入所するのです。

訪問の場合は、介護施設と比較して施設での介助ではなく、利用者が住んでいる家に介護スタッフが直接訪問してお手伝いをします。介護士の移動では、自転車や自動車などが主に使われています。都心では、電車を利用していることも多いです。
仕事内容的には、在宅での訪問介護と介護施設では全く違います。介護施設では、大人数の利用者を相手をする必要があります。在宅の場合は、一人一人に対して丁寧な対応ができますが、時間も限られているので、手際よく身の回りの世話する必要があります。掃除をしたり、食事を用意したりして、利用者の日常生活をサポートします。

利用者の体調によっては、外に出る際の付き添い介助を行います。認知症の症状が出る場合があるので、お金の管理も見逃さないようにします。
訪問介護は、利用者の数だけ住所を訪問する必要があるため、移動で苦労することが多いようです。利用者の家が遠い場合は時間を要するため、利用の契約をする前にしっかりと移動距離も確認します。
訪問介護の仕事内容的には、介護施設より楽だと言う人は多いです。時間の融通がきくことも多いため、仕事と家庭を両立させたい女性にぴったりの仕事と言えます。
現在も多くの女性が活躍している訪問介護の仕事については、『訪問介護士の憂鬱』を見てみると参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です